海外在留邦人等向けワクチン接種事業の期間延長及び運用変更について

2022/1/21
海外在留邦人等向けワクチン接種事業の期間延長及び運用変更について
 
海外在留邦人等を対象とした新型コロナ・ワクチン接種事業については、1月24日までの予約が可能となっておりますが、運用を変更の上、期間を延長することとしました。この運用変更に伴い、1月31日(月)からは、羽田空港において、週3回(月、木、土)、ファイザー製ワクチンの接種を実施します。また、アストラゼネカ製ワクチンの接種についても、同空港において、週1回(木)実施します。
本事業での接種を希望される方は、日本入国時の水際対策として実施している待機措置の状況にも留意しつつ、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で、特設サイトを通じて予約をお願いします。
なお、現在のところ本事業は、1回目及び2回目の接種を対象としており、3回目の接種は受けられませんのでご注意下さい。
 
(特設サイト(海外在留邦人等向け新型コロナウイルスワクチン接種予約サイト))
https://mar.s-kantan.jp/mofa-v-u/reserve/offerList_initDisplay.action
 
事業の詳細は、こちらをご参照ください。
(日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 
(本件に関するお問い合わせ先)
●海外からかける場合:(+81)50-5806-2587(有料)もしくはSkype上でmofa-vaccine-QA@asiahs.com(無料)
(日本語:月曜~日曜8時~20時(日本時間)、英語:月曜~金曜9時~18時(日本時間))
●日本国内からかける場合:03-6633-3237(有料)
メールアドレス:mofa-vaccine-QA@asiahs.com