新型コロナウイルス感染症(その25:香港・マカオ政府の措置)

2020/3/17
新型コロナウイルス感染症(その25:香港・マカオ政府の措置)
 
在香港日本国総領事館
 
 世界各地での標記感染症の流行状況に対応して,香港・マカオ両政府はそれぞれ以下の措置を発表しました。

1 香港
(1)17日,キャリー・ラム行政長官は記者会見で,中国本土,マカオ,台湾を除くすべての国・地域(注:日本も含まれます。)について,(イ)「赤色外遊警示」(不要不急の渡航を避ける旨考慮すること)を発出し,また,(ロ)19日(木)午前0時から,すべての入境者(香港居民も含む。)に対して14日間の強制検疫隔離または医学観察を行う旨発表しました。
(2)上記の強制検疫隔離と医学観察について実施場所等の詳細はまだ発表されていませんが,北海道に対する香港政府の措置(領事メールその23,24参照)から,自宅またはホテル等で行われることが類推されます。詳細については判明次第要すればお知らせします。
 なお,これまでの中国本土からの入境者に対する強制検疫は引き続き行われるところ,注意願います。

2 マカオ
(1)16日,マカオ政府は記者会見で,17日(火)午前0時より,過去14日以内に日本を含むすべての国・地域(中国本土,香港,台湾を除く)に滞在したことのある入境者(マカオ居民含む)に対して,マカオ政府が指定した場所で14日間の医学観察を受けることを要求する旨発表しました(「伝染病防治法」第14条に基づく措置)。
(2)さらに17日,同政府はプレスリリースを発出し,18日(水)午前0時より,中国本土,香港,台湾居民及び外国人雇用者以外のすべての非マカオ居民の入境を禁止する旨発表しました(「伝染病防治法」第25条に基づく措置)。

3 上記の詳細については以下の香港・マカオ政府プレスリリースをご参照下さい。

(参考:香港キャリー・ラム行政長官記者会見)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202003/17/P2020031700436.htm
(参考:マカオ政府プレスリリース)
https://www.gov.mo/zh-hant/news/323430/
https://www.gov.mo/zh-hant/news/323457/
 
 
◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので,万一,新型コロナウイルス感染症に感染と診断されるなどの場合には代表電話にご連絡ください。