新型コロナ(その38:港珠澳大橋のシャトルバス運行一部再開)

2020/5/8
新型コロナ(その38:港珠澳大橋のシャトルバス運行一部再開)
 

在香港日本国総領事館
 

1 5月8日から香港・珠海・マカオ大橋の香港・マカオの出入境間を運行するシャトルバス(「金バス」)の運行が一部再開されたところ,お知らせします(毎日6往復)。
バス運行の時間等詳細については,以下のサイトを御参照下さい。
【参考:港珠澳大橋穿梭巴士ホームページ】
http://www.hzmbus.com/news_detail.html?id=177
 
2 なお,香港・マカオ間の現在唯一のルートは香港・珠海・マカオ大橋のみであり,双方は入境時に以下の防疫措置を行っているところ(8日時点),ご留意下さい。
(1)マカオから香港へ入境する場合
香港居民・非居民に拘わらず,14日間の強制検疫措置が執られます。
(2)香港からマカオへ入境する場合
マカオ居民,中国本土・香港・台湾居民(ここでいう「香港居民」とは香港永久居民のみを指します)については,マカオ入境後,政府指定の場所で14日間の医学観察(ここでいう「医学観察」とはいわゆる「強制検疫」と同義)が行われ,それ以外の方は入境を拒否されます。
 
◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので,万一,新型コロナウイルス感染症に感染と診断されるなどの場合には代表電話にご連絡ください。