海外在留邦人実態調査の実施について(事前のお知らせ)

在香港日本国総領事館
 
海外在留邦人実態調査の実施について(事前のお知らせ)
 
 標記調査について、本年度も下記のとおり実施する予定です。緊急事態の発生時等に緊急連絡や安否確認などを行うに当たり、皆様にご提出いただいている「在留届」のデータを実態に即したものとすることは大変重要ですので、調査へのご協力をお願いいたします。
 なお、同調査はメールにて実施しますので、在留届のメールアドレスに変更、もしくは在留届にメールアドレスを登録されていない方におかれましては、下記3(1)により、お早めに変更届をご提出ください。また、これまでに在留届を提出されていない方におかれましては、下記3(2)によりお早めに在留届をご提出ください。
 
 
1 調査の目的
 本調査は、海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に資するため、旅券法の定めにより在外公館(日本国大使館、総領事館)に届出されている「在留届」などを基礎資料として、毎年、海外在留邦人の状況(所在の確認、緊急時連絡先の変更の有無等)を把握し、在留届のデータを実態に即したものとすることにより、テロや暴動、大規模災害・事故などの緊急事態に際し、邦人援護(緊急連絡や安否確認など)を迅速に行えるようにするために実施するものです。
 
2 調査の時期及び方法
 10月下旬頃、当館から在留届に記載されたメールアドレスへ海外在留邦人実態調査のメールを送付しますので、メールをご確認の上、ご回答ください。
 
3 在留届の変更手続等
 (1)在留届のメールアドレスに変更、もしくはメールアドレスを登録してない場合
  ・在留届電子システム(ORRネット)で在留届を提出している方は、以下URLから変更届をご提出ください。
   https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
  ・在留届の用紙に記入して在留届を提出している方は、以下URLから変更届の用紙を取得、ご記入の上、当館へご提出ください。(メール又はFAX可)
   http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/application.html
 (2)これまでに在留届を提出されていない場合
    在留届電子システム https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html で提出、もしくは当館ホームページ http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/application.html から在留届の用紙を取得し、お早めに当館へご提出ください。(メール又はFAX可)