新型コロナ(138:【香港】【日本】防疫措置の延長等について)

2021/10/29
新型コロナ(138:【香港】【日本】防疫措置の延長等について)
 
 
1 10月27日(水)、香港政府は、10月27日(水)に期限を迎える各種防疫措置について、11月10日(水)までの延長を発表しました。期限の延長以外に現行の措置から変更点はありません。
 
(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202110/27/P2021102700793.htm
 
2 10月26日(火)、香港政府は、特定のワクチンを1回接種したものに対する入境条件について、10月29日(金)から以下のとおりとすることを発表しました。
(1)12歳から17歳までのコミナティ(BioNTech製)ワクチンを1回接種した者
ワクチン接種から14日経過していれば、航空機搭乗や検疫の条件をワクチン完全接種者と同等にする。
グループA:入境後、指定検疫ホテルで21日間の強制検疫。入境26日目に強制ウイルス検査。
グループB:入境後、指定検疫ホテルで14日間の強制検疫。入境16日目及び19日目に強制ウイルス検査。
グループC:入境後、指定検疫ホテルで7日間の強制検疫。入境9日目、12日目、16日目及び19日目に強制ウイルス検査。
(2)特定のワクチンを1回接種した香港居民で、健康上の理由で2回目の接種が不適当な者
グループA:2回目の接種が不適当であるとの医師の証明があれば、航空機への搭乗が可能。入境後に指定検疫ホテルで21日間の強制検疫。入境26日目に強制ウイルス検査。
グループB、C:非ワクチン完全接種者に対する措置に従い、入境後に指定検疫ホテルで21日間または14日間の強制検疫。
 
(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202110/26/P2021102600817.htm
 
3 10月26日(火)、香港政府は、新型コロナウィルスに感染し入院した患者について、10月27日(水)から回復・退院後も政府指定の隔離施設において14日間の隔離を行う新たな措置を発表しました。
 
(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202110/26/P2021102600806.htm
 
4 日本入国時のワクチン接種証明書による待機期間の短縮について、9月28日付け領事メール等で当館からお知らせしているところ、「eHealth」及び「iAMsmart」で表示される電子ワクチン接種証明書について、10月28日(木)午前0時(日本時間)以降、緩和措置が適用されます。
 なお、緩和措置が適用されるためには、電子ワクチン接種証明書に記載されている名前がパスポートの名前と完全に一致している必要があり、両者の名前が完全に一致しない場合には、この制度の対象外となりますのでご注意ください。
また、「安心出行」で表示される電子証明書は、氏名が一部非表示となるためこの制度では使用できませんので、紙のワクチン接種証明書の写しをご用意下さい。
 
(関連領事メール:新型コロナ(134:【日本】日本入国時のワクチン接種証明書による待機期間の短縮))
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_2021_134.html
 
 
香港・マカオの現行の防疫措置・出入境措置等については以下のリンクの表にまとめています。ご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/files/100221279.pdf
 
香港入境及び日本入国に係る諸手続について,当館HPトップページにとりまとめて掲載しておりますので,渡航のご予定のある方は事前にご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html