新型コロナ(140:【香港】【マカオ】ワクチン政策:3回目のワクチン接種)

2021/11/8
新型コロナ(140:【香港】【マカオ】ワクチン政策:3回目のワクチン接種)
 
1 11月3日(水)、香港政府は、免疫不全患者や感染リスクの高い人など、特定のグループに属する対象者は、11月11日(木)から新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を無料で受けられることを発表しました。その他、詳細は以下のとおりです。
(1)3回目のワクチン接種の予約は、11月5日から開始する。
(2)特定のグループに属する対象者は、以下のとおり。
・免疫不全患者の特定のグループ(がん患者、臓器移植を受けた者、進行期のHIV患者及び活性免疫抑制薬を服用している患者など)。3回目のワクチン接種は、2回目のワクチン接種から少なくとも4週間経過していること。
・シノバックワクチンを2回接種し、感染のリスクが高い者(60歳以上の高齢者、医療従事者、慢性疾患を持つ者、防疫関連の作業に関わる者、物流関係者、コントロールポイントや港で勤務する者など)。3回目接種は、2回目接種から少なくとも6ヶ月経過していること。
(3)以下の方法で3回目の接種を受けることが可能。
・地域ワクチンセンター(CVC)または病院当局の指定診療所で接種を受けるため、ワクチン接種の指定のウェブサイト (www.covidvaccine.gov.hk) を通じて予約を行う。
・CVC(私立病院に設置されているものを除く)では、事前の予約なしで先着順の当日券を受け取り、接種を受けることが可能。
・公立病院の患者及び訪問者は、9つのワクチン接種ステーション(https://gia.info.gov.hk/general/202111/03/P2021110300536_380271_1_1635930590218.pdf)で事前予約なしでFosun/BioNTechワクチンの接種を受けることが可能。
・ワクチン接種プログラムに登録されている民間の医師や診療所(www.covidvaccine.gov.hk/en/VSS)を通じ、シノバックワクチン接種の予約が可能。
(4)上記(2)の2つのグループについて、専門家はFosun/BioNTechワクチンの3回目接種がより免疫反応を高める可能性があると推奨。一方、どのワクチンを接種するかについては、個人の好みが尊重され、必要に応じて医師に相談することが推奨される。
(5)Fosun/BioNTechワクチンを2回接種した高リスク対象者の18歳以上の者は、2回目の接種から少なくとも6ヶ月経過した後、Fosun/BioNTechワクチンを追加接種することが推奨される。しかし、シノバックワクチンを選択することも可能。
(6)新型コロナウイルス陽性となり、完全に回復した者は、1回だけワクチンを接種する必要があり、2回目の接種が必要かどうかは医師と相談する必要がある(2回目を接種する場合、1回目から6ヶ月経過していることが推奨される。)。
 
(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202111/03/P2021110300536.htm
 
 
2 11月4日(木)、マカオ政府は、3回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を11月9日(火)から実施することを発表しました。
(1)2回目の接種から6ヶ月以上経過した者を対象とし、2段階に分けて実施される。第1段階は、免疫力の低下している者や感染のリスクが高い職場に勤務している者等を対象としている。
(2)第1段階は、11月8日(月)午前9時から予約受付を開始し、11月9日(火)午前9時から接種を開始する。第2段階の日程は後日発表される予定。
(3)3回目の接種は、過去2回と異なるワクチンの種類でも可能。
 
(マカオ政府プレスリリース)
https://www.gov.mo/zh-hant/news/830634/
 
 
香港・マカオの現行の防疫措置・出入境措置等については以下のリンクの表にまとめています。ご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/files/100221279.pdf
 
香港入境及び日本入国に係る諸手続について,当館HPトップページにとりまとめて掲載しておりますので,渡航のご予定のある方は事前にご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html