新型コロナ(その95:香港のワクチン政策)

2021/3/10
新型コロナ(その95:香港のワクチン政策)
 
在香港日本国総領事館

3月8日、香港政府は、2月26日から開始されたワクチン接種プログラムの優先接種グループの対象者を3月9日(火)から拡大する旨発表しました。新たに優先接種グループに加わるカテゴリーは以下のとおりで、該当者は9日午前9時からワクチンのオンライン予約が可能です(地域ワクチン接種センター(CVC)又は民間クリニックにて接種)。ワクチン接種に係る詳細情報や予約受付等については、下記の香港政府ワクチン情報サイトをご覧下さい。
予防接種を受けるかの判断に当たっては、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方についてご理解いただいた上で、これらの当局ホームページ等による最新情報を確認いただくようお願いします。また新たな情報が得られ次第、随時お知らせいたします。
(ワクチン情報サイト)https://www.covidvaccine.gov.hk/en/
 
○新たに優先接種グループに加わるカテゴリー
(1)飲食店、市場、スーパーマーケット、コンビニエンス・ストア、配達業者(含むフード・デリバリー)の関係者
(2)交通機関の職員(例:タクシー、バス、駅員)
(3)建設業関係者
(4)施設管理の関係者(例:警備員、清掃員)
(5)教員及び職員(例:幼稚園、小・中学校、大学、特別学校、スクール・バス運転手)
(6)観光業関係者
(7)飲食店等各種施設に対する規制に関する規則(香港法令第599F章)に関連する施設の従業員(例:フィットネス・センター、エステティックサロン他)
(参考)2月26日から優先接種グループに指定されているカテゴリー:
保健医療、感染症対策業務の従事者、60歳以上の者、老人ホーム、障害者施設の入居者及び従業員、越境運輸、港湾業務の従事者等
 
(政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202103/08/P2021030800738.htm
 
【参考:香港のワクチン接種の状況】
○2月26日、希望する香港居民(注:香港居民とは香港IDを保有する者(外国籍の者およびID申請中の者を含む。)を指す。)に対する無料ワクチン接種プログラムを開始した。
○優先接種グループから接種を開始し、状況を見つつ、16歳から59歳の基礎疾患を有する者、さらにその他の60歳未満の香港居民へと順次接種を行う。
 
◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F、 One Exchange Square、 8 Connaught Place、 Central、 Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので、万一、新型コロナウイルス感染症に感染と診断されるなどの場合には代表電話にご連絡ください。