中国広東省・台山原子力発電所を巡る報道について

2021/6/15
1 6月14日以降,中国広東省台山市の台山原子力発電所(※)において、周辺地域の放射線量が高まっているとの各種報道がなされています。これらの報道をまとめれば概要以下のとおりです。
(1)   6月14日,フランス電力(EDF社)が、自社出資会社が所有・運営する台山(たいさん)原子力発電所の1号機の1次系統において、特定の希ガスの濃度が上昇しているとの報告を受けた旨のプレスリリースを発出。
https://www.edf.fr/en/the-edf-group/dedicated-sections/journalists/all-press-releases/information-relating-to-reactor-ndeg1-of-taishan-nuclear-power-plant
 
(2) 6月14日,同原子力発電所の一部を所有するフランスの原子炉メーカー「フラマトム」社が、入手可能なデータによると、プラントは安全評価基準の範囲内で稼働中である旨のプレスリースを発出。
https://www.framatome.com/EN/businessnews-2143/information-related-to-taishan-s-reactor-number-1.html
 
※中国のCGNPC(中国広核集団)が70%、フランスのEDF(フランス電力)が30%を出資する合弁会社の「台山核電合営公司」が建設、運営の責任を負う原子力発電所。マカオから約60km,香港から約130kmの位置に所在。EDFはフラマトム社の約75%の(株)を所有。 

2 本件について,15日時点で香港・マカオ政府は以下のとおり発信しています。
(1)香港政府
(ア)キャリー・ラム行政長官記者会見
「政府は状況を高度に重視、現時点では全て正常である。広東省関係部門と連絡をとる」
https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1595881-20210615.htm
(イ)香港天文台,保安局の報道発表
「過去一年間にわたり、環境放射能のレベルは正常である。」
https://www.am730.com.hk/news/share/271850 
https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1595817-20210614.htm
 
(2)マカオ政府
○警察総局のメディア問い合わせへの回答
「広東省政府に情報確認中。過去24時間のマカオでの放射能レベルは正常。」
https://www.gov.mo/zh-hant/news/493692/ 
 
3 なお,香港天文台HPは香港各地の放射能レベル情報を1時間毎に公表しているところ(「Radiation Level」。英中あり。),御参照下さい。この情報によれば,現時点で特段の数値の変化はありません。本件については必要に応じ続報をお知らせします。
https://www.hko.gov.hk/en/radiation/monitoring/index.html